まつもとの雑記

理系のオタクが一般ピープルには理解されない"ディープな"趣味について書き綴ります

MENU

スーパーに売っていた生き物を飼育する動画について少し解説

みなさんご存知の通り、このブログではアサリやホタテ、ハマグリ、サザエ…とやっていきたが最近になってカレイやタコの飼育に成功した。


www.youtube.com

まずはシャコ。意外と売り場でも動いていて元気だった。

鮮度が落ちると変色するので見分けやすいのでエビ購入して飼育ができるのであればシャコや伊勢海老、ロブスター、ワタリガニなどは簡単に再現できると思われる。

クルマエビは鮮度を保つために湿らせたおがくずに入れて輸送する。これはスーパーのエビが生きている原理と同じで、エラが湿っていれば海水の中にいなくても少しの間は生きたまま保管できる。


www.youtube.com

タコはマダコを飼育したいと思っていたが水槽の上に脱走防止のために金網や重りを用意しないといけない。

面倒なので生きているマダコは買わずにテナガダコを購入した。

スーパーで売られている時は動きが全くなかったが水槽に入れると元気だった。

冷蔵ショーケースの中はかなり温度が低くなっているのでタコも一時的にうごけなかったのだろう。まあ、あまりにも長時間冷やされると死んでしまうかもしれないが。

テナガダコは名前の通り触手(手)が長い。そのためか、マダコほど筋力がないので水槽から脱出を試みても失敗に終わる。マダコより飼いやすそうだ。

結局1年飼育したが、短命なタコの寿命には抗えずに衰弱してしまった。

寿命が長いミズダコなら3年くらい生きると思うが巨体なので収容する水槽がない。。。


www.youtube.com

これはイシガレイが対面鮮魚で売っていたので買った。(そして飼った)

私の住んでいる地域だけかもしれないが、イオンの鮮魚コーナーで特定の曜日だけ対面販売することがある。春先に対面鮮魚で売られていたホタテの稚貝はかなり動いており「とても新鮮だな」という印象が強かったので通い詰めた。すると売り場にカレイがおいていたのだが、締められた形跡がなかったので即購入。

カレイが生きていた原理は新しく動画で解説しようと思っているが、タコと同じことがカレイにも言える。

魚ならなんでもいけるかもしれないが、条件が揃っていないので難易度が非常に高いのでカレイやヒラメ、オコゼといった底物は比較的強いので生きたまま陳列されているイメージがある。

 

夏場は温度が上がりやすいので鮮魚を買って飼育することは難しいかもしれないが、生きている可能性の高いものが売っていたら挑戦しようと思う。

ただ、秋から冬、春先と気温が高くない時期の方が購入してから水槽に入れるまでの間に”星になっている”という可能性を下げることができるので、真似しようと思っている方は秋の気温が低くなってきた時期からはじめてみよう。

鉄腕DASHに撮影した動画を提供しました

当時、私はヤンキー並にトガっていたので「これは一体、誰得動画なんだ?」と思われるクソ動画をアップしていた。

誰も見ねぇーし、全然伸びないから非公開にでもするか…なんて思っていたらとあるメールが来ていた。

「映像借用の件について」

目を疑ったのが、ただ単にマメコブシガニが死んだ魚を食っている様子とガザミと魚の取り合いをしている様子を撮影しただけの動画であったが、コブシガニが海の掃除屋である様子、意外と小さい体なのにガザミに喧嘩を売る様子が良かったのか地上波に採用された。

前回はBSだったが今回は地上波。それも私が小さい頃から見ており、なんなら深夜帯の時や太一くんが熱々の鍋焼きうどんを食って屋台が爆発するヤツやだん吉とかつれたか丸の時代…と、ひと通りみていたあの「鉄腕DASH」である。

f:id:like_fish:20210719011513j:plain

f:id:like_fish:20210719011523j:plain

人間、生きていると何が起こるか分からない。

YouTubeも何が再生回数が伸びるか、何がTVに使用される映像なのか分からない。

可能性を広げるという意味で動画をアップすることはある意味財産であり、重要だと実感した。(動画じゃなくてもブログやSNSなどをすることも同様)

 

話が変わるが、昨日はぎっくり腰になったという記事を書いた。

実はぎっくり腰になる前(午前中)に目の前で交通事故が起きて人生で初めて慌てて119番通報をした。

最近ニュースで目にする高齢ドライバーが運転する車が歩行者をはねるという事故が目の前で起きた。

 

本当に人生何があるか分からない。一歩間違えれば轢かれるのは自分だったかもしれない。

明日には死ぬ可能性だって0とは言えないのだから、何かで悩むくらいならさっさと始めたほうがいいなと思った。