まつりょうの雑記

まつりょうの雑記

バイオ理系のオタクが主に趣味について綴ります

MENU

料理に見栄えを求めたい

料理に見栄えを求めるなら外食で対価を払ってこい。と言いたいが言えない。だって高いもん。

外食よりも少ないコストで飯を作る、カレーなどを一気に作ってしまえば光熱費が削減できるよね、と思い自炊をし始めて2年以上。何故か急に「自分で作ってみたい」と思うことが多々あり、素直に買ってくればいいのにチーズやアンチョビ作りに手を出してしまった。本当はカラスミ作りもしたかったが、私が忙しい時期とボラの産卵期が被ってしまい、結局のところ何もできなかった。

話は変わるが、今まで料理の写真をアップしてきたと思う。しかし、どれも美味しそうに見えないのが欠点だった。

f:id:like_fish:20181026053719j:plain
f:id:like_fish:20181026053631j:plain
圧倒的に華やかさが無い

f:id:like_fish:20180116205728j:plain

基本は揚げる事が多いため色が単純で、どこか足りないような気がする。ほぼ茶色。

 

という訳で脱・茶色を目標として友人を呼び、おしゃれなイタリアンを作ることにした。

おしゃれとは縁が無い私が、はたして…

今回の目標は「多くの色を取り入れる」、「美味い」で、この2つの条件を満たすものを作るとなればイタリア料理をと思ったが、そんな知識がある訳でもなく詳しくは無い。外食で見たことのあるものや食べたことのある味くらいしか無い。

そこで、ジョジョの奇妙な冒険に出てくるトニオさんの回とクックパッドGoogleの画像検索で猛勉強した。

脱・美味そうに見えない飯。まつりょうのバージョンを1.1から1.2にアップデートする時間です。

f:id:like_fish:20190123044807j:plain

これならどうだ?

f:id:like_fish:20190123044726j:plain

これで以前の料理のような“インスタに上げたら叩かれる”ような見栄えから変わっただろうか。

f:id:like_fish:20190123044943j:plain

圧倒的迫力。そして自分の料理スキルも圧倒的成長。ただ、写真を撮るという技術は研究しなければいけないようだ。。。

 

この調子で外来種を使って料理をしたら、以前よりも真似したくなる料理が生み出せるかな?

はい、アメリカザリガニのトマトクリームパスタ

f:id:like_fish:20190123045423j:plain

うん、アメリカザリガニ。これでレシピ投稿サイトに載せても大丈夫かな?

 

ここで真面目な話に戻すと、主に外来種を食用に利用する時の課題は、汚い・臭い・硬い・不味いなどのネガティブイメージを払拭できるかがキーになってくるのではないかと私は思う。

意外と知られていないが、外来種は私たちが普段食べている食材よりも良いものがある。元はと言えば食用利用で日本にやってきた種もいるくらいだから当然かもしれないが。

落合ら(1994)は、オオクチバスブルーギル良質のタンパク質補給源で、タウリンなど健康増進に有効な成分を含むこと、肉質は脂肪が少ない白身であり、練り製品等の加工原料に適していることなどを明らかにした。

 

落合芳博 鈴木亜紀子.霞ケ浦産外来魚の筋肉の成分組成 1994 .茨城大学教育学部紀要 (自然科学)43号 p.99-107

https://core.ac.uk/download/pdf/59201713.pdf

 

外来種(ここでは外来魚ですが)はかなり有用な食料資源になるのではないか?

外来種を食べるということが広く認知されれば、外来種を用いたビジネスモデルの確立も夢ではないかもしれない。

 

「厄介者」捨てず 一石二鳥 京都新聞  2009.7.16

https://www.kyoto-np.co.jp/static/kp/special/ecology/kankyo/pdf/090716.pdf

 

最近は鉄腕DASHのグリル厄介などで外来種を「美味しく食べて」駆除するといったことや、兵庫県ではミドリガメの肉を入れたレトルトカレーを開発していたりと外来種食?ジビエブームが来ているようである。つまり何が言いたいか、このビックウェーブに乗るしかない。

 

ハマグリとアサリは何日飼育してたっけ?

ハマグリとアサリを飼育してから何日が経過したのか。すっかり忘れてしまった。

二枚貝以外の生き物も水槽にお迎えしたのでタイトルに何日飼育したか書いていましたが、途中で途絶えてしまいました。申し訳ない。。。

f:id:like_fish:20190119205627j:plain

今日の水槽はサザエとメジナが吸い込まれているように見える図が撮影できたのでパシャリ。メジナはこの少しだけしかない隙間がとてもお気に入りのようで高確率でここにいます。

f:id:like_fish:20190119205930j:plain

ホント、狭い所が大好きだね君は

f:id:like_fish:20190119210025j:plain

そしてこのカニ、アサリやハマグリと同じ時期に入れたやつ。最近、メジナスジエビに襲いかかろうとしている。初期の頃に比べてどうもうな性格に変わった。怖い。

f:id:like_fish:20190119210254j:plain

そう、あれは2匹のミミイカで飼育の記事を書こうと思っていた矢先の出来事だった。

1匹のミミイカが無残な姿で水槽に漂っているのを発見した。

真っ先に疑ったのがカサゴの子供だったが、カサゴの大きさはミミイカよりも小さかったので、ミミイカに傷をつけることができるのか疑問で迷宮入りしていたのだが、犯人はこのイソギンチャク。もう1個体ミミイカがいたので大丈夫だろうと慢心していた私は後日、イソギンチャクの大きな触手に抱き込まれた最後のミミイカを目撃してしまった。

それ以来、怖かったのでミミイカの話はしないようにしていたが気になっていた人もいると思うので報告しておく。ミミイカはイソギンチャクに食われる

上の写真のイソギンチャクは触手がいい感じに広がっている。元気がないときはぐちゃぐちゃに潰れた梅干しのような姿になっているので、潰れているような姿を見るたびにヒヤヒヤする。

f:id:like_fish:20190119210706j:plain

こちらはウニ。何ウニなのか分からない。今の所、乾燥わかめとツバスの身を食べているようである。

f:id:like_fish:20190119212127j:plain

この写真は水槽を真上から撮ったもの。(写真下側が水槽のガラス面)

ウニがガラス面にへばりついている所の写真なのだが、体の側面のごく一部の管足(かんそく)だけで張り付いている。すごい。

f:id:like_fish:20190119210820j:plain

ハマグリ。餌をやり過ぎたので貝殻の上にクロレラ錠剤の粒子が乗っている。餌のクロレラ錠剤にブドウ糖を添加しているおかげか、痩せていないような気がする。昔、知識がないときに飼育していた時は、餌を十分に与えていなかったため痩せていき、すごく軽くなっていた。

この水槽のハマグリは身が詰まっているように見える。アサリと同じく水槽の中では古参の部類。元はスーパーで売られていたのにな。

f:id:like_fish:20190119211226j:plain

アサリとスジエビ。アサリのほとんどの個体は砂に潜っている。潜れていない個体は弱っているか、砂の層が浅くて潜ることができないかの2択。写真のアサリは砂が少な過ぎて上に出てきている。弱っているアサリの見分け方は簡単。砂に潜れず、殻が完全に閉じることができない状態。弱ったら貝柱がちゃんと機能しないのか、だらんとしている。(過去に経験済み)

もし、この水槽でアサリが死んだら、メジナスジエビカニに食われるか水槽内の微生物に分解されるかになるだろう。

スジエビは内陸の方の川から採ってきた個体。つまり、生息していた環境は完全に淡水であった。しかし、完全な好適環境水から完全な海水に変えたが水槽内に残っている。汽水域でも見られるからそこまで驚かないが、塩耐性がすごい。

f:id:like_fish:20190119211815j:plain

コイツも狭い所が好き、ナマコ。

何食って生きているのかさっぱり分からない。謎が多い。

 

最後にですが、私からのお願い。

ナマコ飼育のプロと、何ウニかわかる人がいましたらコメント等で教えてください!

頼む!