まつもとの雑記

まつもとの雑記

理系のオタクが一般ピープルには理解されない"ディープな"趣味について書き綴ります

MENU

イシガメ、孵化の動画を公開しました

おまたせしました。前にイシガメの卵が孵化したことを書いたのですが、写真を撮るのと同時にビデオカメラの方も使って撮影していましたので編集し動画を公開しました。

 

動画はかなり短いですが、下から再生できます。

 
ブログに掲載している写真だけでは伝わらない生きた卵の様子が動画で伝わればと思います。
 

マダニに噛まれた話

はじめにいっておきますが、ホタテガイの記事は水槽のホタテガイが安定してきたら公開しようと思います。公開後すぐにホタテガイが星になったら大変なのでしばらくの間は水族館でいうところのバックヤードで調整している状態です。期待していたみなさん、今しばらくお待ちください。

 

はたしてこのブログを読んでいる人の中にマダニに噛まれた経験がある人はいるのだろうか。

当然のことだが私はマダニに噛まれたことがある。

f:id:like_fish:20200101201035j:plain

クソ憎たらしいマダニ

幸いマダニを介して発症する病気などにはかからず元気であるが、場合によっては死ぬこともあるので本当に注意されたし。草むらや山に入ることのある人は虫除けを足元に噴射したり、ズボンの裾を靴下に入れるなどの対策をしたほうがいい。

私のように皮膚が柔らかいところにくっつかれるからである。

「自分では確認(目視)しづらい所なのにマダニに噛まれている事に気付けるんだな」と思うかもしれないが、血を吸ったマダニが大きくなるたびに股間付近の不快度が上がるから簡単に発見できる。動くとマダニが引っ張られ、噛みつかれている箇所が少し傷む。痛みに鈍感だと気付かないかもしれないが、とりあえず触ったらわかる。

ちなみにこの後のツイートは深夜にマダニにキンタマを噛まれた男(私)の情けないツイートだ。

誰かに助けを乞う私

悲痛な叫び2

指でマダニを触ってみたが簡単に取れそうにない…

個人的には緊急事態だが救急車を呼ぶ必要もないし、こんな事で夜間救急センターに行くのも迷惑だろう(と思うので)行きづらいな…私は何を思ったか組織培養用に調達したメスとピンセットを持っていることに気付いた。

私の経験上、マダニを先に窒息させて殺してから取ることをお勧めする。マダニを窒息させるのは簡単で、バターや石鹸などでマダニを覆ってしまう。しかし問題はここから。

Googleで検索をかけると病院でマダニを取り除いたという画像が。それを見たらなんと皮膚の一部ごと取り除いているではありませんか!!!!

メスやピンセットがあるので切除はできそうだが、せめて局所麻酔をしたい。しかしセルフでそんなことできません。

なんとかピンセットでマダニが噛んでいる根本をつまみ、見事取り除くことができました。

その後しばらくの間は噛まれていた部分が赤く腫れていましたが、ムヒを塗ると治りました。さすがムヒ。 

【第3類医薬品】ムヒS 18g

【第3類医薬品】ムヒS 18g

  • 発売日: 1981/01/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

そして、私のキンタマを噛んだ愚かなマダニは料理酒に漬けましたとさ。

ちなみに、夜中にLINEで友達に助けを求めたが誰も起きておらず無反応で、翌朝Twitterを見ると「夜中にパワーワード怪文書が送られてきた」とつぶやかれていた。