まつりょうの雑記

個人的に気になったことや趣味について綴ります

外来生物について

 

 注意:ここでは、外来生物について個人的な見解が含まれます。全てが正しいとは限りませんのでご注意ください。

 

外来種の定義

 

 もともとその地域にいなかったが、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物を指す。

(環境省 外来種について[外来生物法])

 

要するに、渡り鳥や海流に乗って移動する動植物など、自然の力で移動するものは外来種ではなく、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物が外来種とされる。

広い意味でいうと、海外産のペットや家畜、園芸植物も外来種である。また、船に付着したイガイ科などは意図的に導入したものではないが、人間の活動によって侵入しているので外来種

 

外来種を駆除といっても、イネやムギ、それらの伝来と同時に移入してきたネズミ類は外来なのだから別に良いのでは」という回答をされる方がいますが、先史時代に人の移動・定着・農耕で新しい地域に移入したと推定される生物は数千年以上の長い年月を経て在来の生態系に組み込まれているとものと見なされるので、生態系への影響を理由に駆除されることもなく、外来種と認識されることはほとんありません。

また、外来生物法で対象としている外来種明治元年を区別の堺とし、(明治元年以前の時代に導入された生物は、正確な記録の確認が困難なためなどの理由で対象外) 明治元年以降に導入された生物なので、イネやムギと比較するのは間違っています。

 

例)クサガメ 江戸時代に日本に移入したとされる。明治元年以前に日本に持ち込まれているので、生態系への影響を理由に駆除されることはない。そもそも、長年在来種だと思われていた。

 

まとめると、外来種とは「人間の活動によって他の地域から入ってきた生物」で、線引きは「明治元年以降」に日本に入ってきた種。

 

 

外来種の種類

 

特定外来生物

日本在来の生物を捕食したり、これらと競合したりして、生態系を損ねたり、人の生命・身体、農林水産業に被害を与えたりする、あるいはそうするおそれのある外来生物特定外来生物として環境省に指定されている。生体の移動や飼育はできない。

 

要注意外来生物

環境省の指定した特定外来生物に含まれない生物で、調査中や特定外来種にするか検討中の生物種。現在では、生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種として「生態系被害防止外来種」に変更されている。

生態系被害防止外来種では、国内由来の外来種(国内外来種)も含まれている。

 

 

 

外来種の問題

 

生態系破壊

よく例に挙げられるのは「オオクチバス」。個人的にはブルーギルの方が生態系に与える影響が大きいと思うが。

 

水産業の被害

ヌートリアやアライグマが農作物を荒らす(経験済み)

 

遺伝子汚染

ニッポンバラタナゴとタイリクバラタナゴや、オオサンショウウオとチュウゴクオオサンショウウオの交雑など。また、国内外来種で有名な話ではメダカやホタルの話がある。

 

感染

外来種と一緒に病原菌が持ち込まれる可能性がある。例としてはカエルツボカビなど。

 

 

外来種(国内外来種も含む)を根絶させるべきなのか

 

外来種を捕獲して調理している側の人間が言うのもなんですが、簡単にYesとはいえません。理由は、そもそも根絶させるのが難しいという点もありますが、外来種を根絶することで新たな障害が生じる可能性があるからです。

私は、他の生物との相互作用を考えて外来種、増えすぎた種を駆除するべきだと思います。

 

小笠原諸島で例を挙げると、ノヤギの駆除です。

ノヤギは固有、在来の植物を食べますが、外来の植物も食べるのでノヤギを駆逐したために、外来植物が繁茂したというデメリットの報告があります。(固有種が増えるメリットの報告もありますが)

 

しつこいようですが、単に外来種を駆除するのではなく、生物間の相互作用を考えて行うべきであると個人的に思います。

 

 

外来種を駆除しなくても

 

これは私の経験からですが、オオクチバスなどは駆除活動を行わなくても絶滅するのではないかと思います。

 

・(近親交配による)遺伝子単一化

 

元々の生息域であるアメリカと比べ、日本に移入した個体の遺伝子のバリエーションは少ないです。日本に移入したブラックバスが交配するごとに親の血縁が近くなるので、両親の潜性遺伝子を子が持つ可能性が高くなり、先天性の病気や障害が起こりやすくなります。[→潜性ホモで出現。また、発病しなくてもキャリア(発病しなくても疾患遺伝子をもつ保因者)が子に疾患遺伝子を受け渡す。]

実際に、私がバス釣りに行く池では(農薬などの害ではなく*1 )顔や胴体に奇形が生じていました。これは遺伝子の多様性を失ったためなのではないでしょうか?

 

・他の外来種に駆逐される

 

これも私が調査を行なっているため池だけの話なので、他のため池を調査しないと何とも言えませんが、オオクチバスの個体数が減少し、ブルーギルの個体数が増加しています。

ブルーギルを釣り、腹の中を見ると魚の卵で詰まっていました。おそらく、オオクチバスやその他の魚のものです。ブルーギル、恐ろしい。

 

オオクチバスの例だけですが、この2つは個人的に有力な説だと思っています。

皆さんはどう思いますか?

最終的にオオクチバスが絶滅するとしても、絶滅までに多くの在来種の個体数、種数は減ると思いますが。

 

 

ここまで長ったるく書いて、伝えたいこと

 

・このブログで取り上げる生物の捕獲にあたっては外来生物法、鳥獣保護法などに則って行います。

 

外来種は単に在来種を駆逐するのではなく、遺伝子汚染や病原菌などの問題を引き起こす可能性がある。

 

・このブログでは生物間の相互作用を考えた駆除等の活動を行います。

*1:おそらく、農薬の害ではない。農薬の専門家でないので正確さには欠けるが。

広告を非表示にする